いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > 私の登山道具

登山用タイツ


 「股引など、子供や年寄りの履く物である!」などと生意気なことを考えていた私も、年寄りに近づき、このごろは冬になると「暖ったか股引(ヒートテック・タイツ?)」を履いています。山雑誌やWebサイトで、「高機能タイツ」「機能性タイツ」「着圧タイツ」などと登山用タイツが紹介され、かなり気になっていました。立山に行くと、山ガールの人がスカートにタイツ、男性だとショートパンツに高機能タイツで颯爽と登山しています。テント場で、高機能タイツ男と仲良くなり「どんな感じ?」と聞くと「膝が楽になって、とっても良いよ〜、岩に引っ掛けて破れても、タダで直して貰った」とのことでした。なおタダで修理はワコール製CW−Xの話です。
 高機能タイツの元祖的な存在のCW−X(ワコールのブランド)が一番良いのかもしれませんが、1万5千円程度で比較的高額です。登山だけで無くランニングなどの平地のスポーツでも、人気があるので各メーカーがいろいろな商品を展開しています。なんだか判らなくなるほどで、値段もピンからキリまであるようです。
 私の好きなモンベルにもあります。モンベルのオンランショップのサポーターを見ると「サポーテック タイツ(ウィズジップ)」「サポーテックライト タイツ」ってのがあり、ロング(踝まで)、ニーロング(膝丈、ニッカポッカ的なタイツ)、ショートソックス、ハイソックスなどがありました。「ライト」と付くのと付かないの2種類から選ぶことにありますが、当然安いのはライトのほうです。2014年4月3日現在での価格は、サポーテック タイツ Men's ウィズジップが 8,381円(税別、税込だと9051円)、サポーテックライト タイツ Men'sが 5,619円(税別、税込だと6068円)です。その価格差は3000円、性能的な違いはテーピング原理による膝サポート機能と裾のジッパーのようです。普通に考えれば、膝サポート機能のある「サポーテック タイツ(ウィズジップ)」を買うのが賢明です。私は、本物の膝サポーターを持っているのと、安さにつられて「サポーテックライト タイツ」を買ってしまいました・・・。高機能タイツなんて履かなくても膝サポータを着けるだけで良いじゃないか、という話もありますね。いやいや、高機能タイツは膝だけじゃなく、脹脛(フクラハギ)や太ももも締め上げてサポートしたりと多機能なんです・・・。
 
購入した登山用タイツ
登山用タイツ
モンベルのサポーテック・ライト・タイツ
ジオライン M.W.タイツ Men's
モンベルのジオライン M.W.タイツ Men's
 

 
私の登山道具
ザック登山靴テントシュラフヘルメット水筒・ハイドレーション登山用腕時計コンロと調理器具登山ズボンTシャツ登山用グローブ登山用タイツスパッツ靴下マップケース雪山装備スタッフバッグ漬物袋救急セットエマジェンシー・キット
ページ先頭(私の登山道具:登山用タイツ)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.