いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > 室堂 > 浄土川

昔、建物があった場所


 室堂平の北縁部を流れる浄土川の北東側にある賽の河原から一の越方向への登山道(母恋坂)の途中に、昔は建物があったようです。国土地理院のWebサイトで空中写真を閲覧でき、1974〜1978年の空中写真をみると、雷鳥沢キャンプ場の東を浄土川(浄土沢)が流れ、更に東に赤色の屋根らしい正方形が映っています。更にこの建物の南東には長方形の屋根らしいものも見えます。昔はやかましいことは言われなかったようで、建物周辺にはいく筋もの踏み跡があります。
 で現在は、どうなっているのだろうと思いじっくり観察しに行きました。以前、このあたりの登山道を通った時の記憶としては、登山道の周辺が広くなっているだけだったっと覚えているのですが・・・。行ってみると、やはり、高山植物の映えていないチョットした広場でした。太い角材が数本並んで朽ちているのは、かつての建物の柱か?単に休憩場所としてのテーブルの残骸か不明でした。ちなみにインターネットで、「賽の河原」「母恋坂」「山小屋」などで検索をして調べましたが何の建物だったか判りませんでした。
 
昔、建物があった場所(写真:2015年9月15日11時03分撮影)
昔、建物があった場所
 
賽の河原近くにある建物跡 地図、地図の赤線は室堂ターミナル方向(雷鳥荘)から雷鳥沢キャンプ場と雷鳥坂を経て別山乗越(剣御前小舎)への登山道、緑線は剱御前・大日方面 分岐から新室堂乗越への登山道、黄色線は浄土沢から大走り(2350m地点)への登山道、青線は浄土沢から一の越方向(丸山)への登山道(母恋坂)です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に室堂平の北縁部にある賽の河原近くにある建物跡の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
賽の河原近くにある建物跡と周辺コースポイント
1. 雷鳥沢キャンプ場:標高 2,277メートル
2. 浄土橋
3. 浄土沢分岐
4. 賽の河原の橋
5. 大走り・一の越分岐:標高 2274mくらい
6. 昔、建物があった場所
7. 橋の架かる沢
国土地理院 空中写真・衛星画像 1974年〜1978年
国土地理院 空中写真・衛星画像 1974年〜1978年
 
厳密に「昔、建物があった場所」(写真:2016年9月01日13時21分撮影)、浄土橋方向から歩いて来ると、登山道の左手に小さなケルンがあり広場になっています。
厳密に「昔、建物があった場所」
 
登山道右手にあった朽ちた角材(写真:2015年9月15日11時03分撮影)
賽の河原の橋
 
立山(写真:2015年9月15日11時05分撮影)
立山
 
浄土山(写真:2016年9月01日13時21分撮影)
浄土山
 

 
ページ先頭(立山:賽の河原近くにある建物跡)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.