いこまいけ高岡 > 砺波市 > チューリップ公園

SL中越弁慶号

いこまいけ高岡

 SL中越弁慶号は、イギリスのナスミス・ウィルソン社が1896年(明治29年)に製造した蒸気機関車です。明治30年から大正9年まで、中越鉄道では甲一形三号として登録され客車・貨車の牽引に使用されました。大正9年から大正13年までは国鉄、大正13年に電気化学工業青梅工場へ譲渡され一号機関車として使用されました。昭和40年に砺波市が譲り受けて、保存しています。チューリップ公園の一角に保存館が建てられています。館内には当時の鉄道備品も展示してあります。
 このSLは中越鉄道開業当時の車両で、弁慶号の働きは砺波地方の近代化と産業の発展に大きく貢献しました。明治以降における砺波地方の交通発達史を知るうえでの貴重な近代化遺産です。当時同型式の車両は三両購入されましたが、現存しているのはこの車両のみです。また、明治期の蒸気機関車として日本に残されている数少ない貴重なSLの一台です。なお一般的に知られる「弁慶号(国鉄7100形蒸気機関車、東京の交通博物館で展示)」は、アメリカのポーター社から輸入された蒸気機関車で中越弁慶号とは異なります。
 
SL中越弁慶号
 
SL中越弁慶号地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所にSL中越弁慶号の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:富山県砺波市花園町1-78(チューリップ公園内)
 
製造会社銘板
製造会社銘板
車両銘板
車両銘板
SL保存建屋
SL保存建屋
鉄道レール
鉄道レール
 

 
ページ先頭へもどる。
チューリップ公園
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.