いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 富山市 > 富山市ファミリーパーク > 郷土動物館

ハクビシン


ハクビシンは、東南アジアから中国大陸南部や台湾および日本に分布し、額から鼻にかけて白い線があることが特徴です。ハクビシンは、本来は暖地系の獣ですが、日本では四国と本州の東半分に生息し、日本に生息する唯一のジャコウネコ科の動物です。日本の在来種なのか移入種(外来種)なのかは明確にはなっていませんが、明治時代に毛皮用として中国などから持ち込まれた一部が野生化したとの説が有力です。
ハクビシン(写真:2011年3月29日撮影)
ハクビシン
 
富山市ファミリーパーク 郷土動物館 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に 郷土動物館の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
地図の赤マーカーがハクビシンの飼育されている場所です。
 

 
富山市ファミリーパークの郷土動物館で飼育されている動物
ニホンアナグマニホンリスハクビシンホンドギツネホンドタヌキ
ページ先頭(富山市ファミリーパーク:ハクビシン)へもどる。
Copyright © 2006-2020 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.