いこまいけ高岡 > 雨晴海岸

雨晴海岸 けあらし


雨晴海岸の「けあらし(蒸気霧)」は、冬の風物詩ともいえる現象で朝に発生します。前日に晴れ、夜間に冷え込んだ放射冷却現象の朝に出やすく、冷たい空気と暖かい海水面の温度差で霧が発生し、海面下から湯気が立ち上るように見えます。条件が良いと真下の写真の3倍くらい?の「けあらし」となるらしいです。2つ目の写真が、条件の良い時の「けあらし」です。
 
雨晴海岸 けあらし(写真:2007年1月1日撮影)
雨晴海岸 けあらし
 
本格的なけあらし(写真:2010年12月19日撮影)
これぞ雨晴海岸のけあらし
 

 
雨晴海岸
初日の出朝日けあらし雨晴海岸の磯辺波間に浮かぶ女岩雨晴海岸と立山連峰義経岩
ページ先頭(雨晴海岸:けあらし)へもどる。
Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.