いこまいけ高岡 > 高岡の祭り > 高岡御車山祭 > 通町の御車山

本座人形「布袋和尚」


通町山車の本座の人形は、布袋和尚(ほてい おしょう)です。元の本座人形は、1811年(文化8年)に辻九右衛門が製作したものでしたが焼失したため、1891年(明治24年)に本保喜作が現在の人形を製作しました。
 
通町御車山の本座に置かれた布袋和尚(写真:2008年5月1日撮影)
通町 本座
 
山宿で祀られる布袋和尚(写真:2009年4月30日撮影)
布袋和尚
 
布袋和尚が右手に持つ軍配
布袋和尚が右手に持つ軍配
布袋和尚の胸元に入れられた護符袋
布袋和尚の胸元に入れられた護符袋
 
布袋和尚の顔
布袋和尚の顔
 
布袋を祭神としている曳山
高岡御車山・通町城端曳山・出丸町伏木曳山・上町石動曳山・今町氷見祇園祭・御座町新湊曳山・三日曽根大門曳山・中町
 

 
ページ先頭(通町の山車:本座)へもどる。
御車山祭 山車 本座

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.