いこまいけ高岡 > 氷見 > 祇園祭 > 曳山 > 地蔵町

地蔵町の幔幕

いこまいけ高岡

地蔵町の幔幕は、唐子遊戯です。
 
曳山左面の幔幕:書道を嗜む唐子と鶴、中央の唐子は「壽」と書き、中央左下は「春水生」と書かれたものを見ています。
地蔵町 幔幕
 
曳山右面の幔幕:花車と唐子、左側の唐子の持つ旗には「重陽」と記されています。重陽は、9月9日に行われる五節句の一つで「菊の節句」とも呼ばれています。
花車と唐子
 
曳山正面の幔幕:太鼓を叩く唐子、横笛を吹く唐子ほか
太鼓を叩く唐子、横笛を吹く唐子ほか
 
曳山背面の幔幕:朱一色
曳山背面の幔幕
 

 
ページ先頭(地蔵町曳山:幔幕)へもどる。
地蔵町の曳山
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.