いこまいけ高岡 > 射水市 > 新湊曳山祭 > 南立町 曳山

殊連下の欄間

いこまいけ高岡

 南立町曳山の殊連下の欄間は、「十二支」の動物の横欄間です。前後面に各2枚と側面に各3枚の合計10枚の欄間があります。なお殊連下の欄間だけだと「卯(ウサギ)」「子(ネズミ)」「未(ヒツジ)」「酉(ニワトリ)」「戌(イヌ)」「巳(ヘビ)」の6種類の干支しかありません。直ぐ上にある殊連に彫刻されている他の6種類と合わせて十二支が揃います。
 横欄間上部には「水波」の金塗り彫刻があります。欄間を区切る縦柱には、横欄間の横に金塗り「獅子木鼻」、「水波」の横に「雲形木鼻」が取り付けられています。
 
南立町曳山 殊連下の欄間(写真:2009年10月1日撮影)、曳山正面「兎(ウサギ)に蕗?と菊」
南立町 殊連下の欄間
 
曳山左面 殊連下の欄間:「ネズミに蕗?と菊」と「羊に葡萄」
曳山左面 殊連下の欄間
 
曳山右面 殊連下の欄間:「鶏の親子に菊」と「犬とヘビに菊」
曳山右面 殊連下の欄間
 
曳山背面 殊連下の欄間:「ヒツジ」と「犬」
曳山背面 殊連下の欄間
 

 
ページ先頭(南立町曳山:殊連下の欄間)へもどる。
新湊曳山 殊連下欄間
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.