いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 航空自衛隊

81式短距離地対空誘導弾(SAM-1)


 81式短距離地対空誘導弾(SAM-1)は、日本の防衛思想を考慮した独自の運用構想の下に、防衛庁技術研究本部が開発の中心となり、東芝ほか多数の関連メーカーが総力を結集して開発した日本初の純国産の本格的短距離地対空誘導弾です。航空自衛隊では基地防空用に配備されています。
 また陸上自衛隊にも配備されており、ホークとL-90の間隙を補完する目的で師団防空用に使用されています。参考:陸上自衛隊の81式短距離地対空誘導弾
 
81式短距離地対空誘導弾(訓練弾)(写真:2009年11月1日 小松基地・航空祭にて撮影)
81式短距離地対空誘導弾
 
名称:81式短距離地対空誘導弾(SAM-1)、通称:短SAM(たんさむ)、愛称:ショートアロー
種別:対空ミサイル
全長:約2700mm、 直径:約160mm、 翼幅:約600mm、 重量:約100kg
弾頭重量:約9kg
最大飛翔速度:マッハ2.4
最大有効射程:7000メートル
最大有効射高:3000メートル
多目標対処能力:同時2目標、連射可能
 
81式短距離地対空誘導弾 発射関連装置の写真
発射機 搭載車両
発射機 搭載車両

発射統制装置 搭載車両
発射統制装置 搭載車両

目視照準器
目視照準器
(日本プレシジョン社製)
予備弾収納コンテナ
予備弾収納コンテナ
 

 
航空自衛隊 防空装備
地対空誘導弾パトリオット(PAC-2・PAC-3(BMD用)相当)、 81式短距離地対空誘導弾(SAM-1)、 対空機関砲 VADS-1改(Vulcan Air Defense System)、 対空機関砲 VADS-2FIM-92 スティンガー携帯地対空誘導弾91式携帯地対空誘導弾(SAM-2)
ページ先頭(航空自衛隊:81式短距離地対空誘導弾(SAM-1))へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.