いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 陸上自衛隊 装備

81式短距離地対空誘導弾


 81式短距離地対空誘導弾は、短距離防空用地対空ミサイルです。1960年代の後半から防衛庁技術研究本部と東芝によって開発が始められ、1981年(昭和56年)に制式化されました。日本の防衛思想を考慮した独自の運用構想の下に、防衛庁技術研究本部が開発の中心となり、東芝ほか多数の関連メーカーが総力を結集して開発した日本初の純国産の本格的短距離地対空誘導弾です。ホークとL-90の間隙を補完する目的で師団防空用に使用され、航空自衛隊でも基地防空用にも配備されています。 -> 航空自衛隊の81式短距離地対空誘導弾
 この81式短距離地対空誘導弾は、73式大型トラックの後部に、発射装置を搭載した車両1台と射撃統制装置を搭載した車両1台の合計2台の車両で構成されています。陸上自衛隊では1982年(昭和57)から各師団の師団防空用として、航空自衛隊では1983年(昭和58年)から基地防空用として配備が始まりました。また、改良型として「81式短距離地対空誘導弾(C)、通称「短SAM改」」の開発が1989年(平成元年)から始められ、1995年(平成7年)に赤外線/可視光複合画像ホーミング方式の光波弾と、アクティブ電波ホーミング方式の電波弾の二種類が制式化(陸上自衛隊のみ運用)されました。なお、後継ミサイルが開発(短SAM(改II))され、「11式短距離地対空誘導弾」の名称で2011年(平成23年)に制式化されました。
 
81式短距離地対空誘導弾 (C)(写真:2013年9月8日 金沢駐屯地祭にて撮影)、SAM-1C 訓練弾(電波弾用)
81式短距離地対空誘導弾
 
81式短距離地対空誘導弾 (B) 発射装置搭載車両(写真:2008年9月28日 金沢駐屯地祭にて撮影)
81式短距離地対空誘導弾 発射装置搭載車両
車両番号:04-2589(第10師団 第10高射特科大隊 第2中隊(豊川駐屯地))
 
名称:81式短距離地対空誘導弾(SAM-1)、通称:短SAM(たんさむ)、愛称:ショートアロー
種別:対空ミサイル
 
81式短距離地対空誘導弾 諸元
81式短距離地対空誘導弾 詳細写真
発射姿勢の短SAM
発射姿勢の短SAM
発射機
発射機
模擬誘導弾
模擬誘導弾
(訓練弾)
予備弾収納コンテナ
予備弾収納コンテナ
車両正面
車両正面
車両左面
車両左面
車両右面
車両右面
車両後部
車両後部
観閲行進
観閲行進
運搬姿勢
運搬姿勢
制御部
制御部
電源部
電源部
架台部
架台部
車両部
車両部
アウトリガー
アウトリガー
目視照準器
目視照準器
光学照準器と要撃操作器
光学照準器と要撃操作器
誘導弾装填機
誘導弾装填機
 

 
陸上自衛隊 装備
74式戦車軽装甲機動車82式指揮通信車87式偵察警戒車96式装輪装甲車高機動車89式5.56mm小銃64式7.62mm小銃5.56mm機関銃12.7mm重機関銃 M29mm拳銃対人狙撃銃79式対戦車誘導弾87式対戦車誘導弾01式軽対戦車誘導弾110mm携帯対戦車弾81mm迫撃砲 L16120mm迫撃砲 RT155mm榴弾砲 FH70改良ホーク81式短距離誘導弾03式中距離誘導弾AH-1S コブラAH-64D アパッチOH-1(観測ヘリ)OH-6D(観測ヘリ)UH-1H(戦闘ヘリ)UH-1J(多用途ヘリ)KV-107IIA-481式自走架柱橋重レッカ大型セミトレーラー73式大型トラック73式大型トラック改良型73式中型トラック一トン半救急車73式小型トラック 新型73式小型トラック 旧型小型ドーザ大型ドーザ78式雪上車軽雪上車92式地雷原処理車化学防護車偵察用オートバイその他 装備
ページ先頭(陸上自衛隊:81式短距離地対空誘導弾)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.