いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 陸上自衛隊 装備

110mm個人携帯対戦車弾


 110mm個人携帯対戦車弾(LAM = Light-weight Anti-tank Munition)は、ドイツのダイナマイト·ノーベル社製の携帯対戦車兵器(ドイツ語名:Panzerfaust 3 = パンツァーファウスト3)で、ロケットブースター付き弾頭使用の無反動砲の一種です。1978年から1985年に開発され、1992年にドイツ連邦軍に最初に配備され、ヨーロッパではオーストリア・イタリア・オランダ・スイス、アジアでは日本の陸上自衛隊と韓国で採用されています。この110mm個人携帯対戦車弾は、弾頭と発射筒で構成された弾薬部と、照準眼鏡が一体化された折りたたみ式グリップ部から構成されています。弾頭を発射した後の発射筒は使い捨てとなっており、グリップ部は回収しての再使用されます。
 
110mm個人携帯対戦車弾(写真:2008年10月12日 富山駐屯地祭にて撮影)
110mm個人携帯対戦車弾
 
名称:110mm個人携帯対戦車弾(LAM = Light-weight Anti-tank Munition)、パンツァーファウスト3(Panzerfaust 3)
種別:火砲(厳密には弾薬)
開発:ダイナマイト·ノーベル社(ドイツの化学・兵器メーカー、1865年にアルフレッド・ノーベルが設立)
製作(ライセンス生産):IHI エアロスペース(旧 日産自動車 宇宙航空部門)
弾頭口径:110mm
口径:60mm
重量:13キログラム
全長:1.2メートル
有効射程:500メートル(固定目標時)
弾薬質量:3.8キログラム
備考:操作性・携行性に優れた無反動の対戦車火器です。
 
110mm個人携帯対戦車弾の構造
110mm個人携帯対戦車弾 構造図
 
グリップを折りたたんだ状態の110mm個人携帯対戦車弾(写真:2012年10月21日 富山駐屯地祭にて撮影)
110mm個人携帯対戦車弾
 
110mm個人携帯対戦車弾の詳細写真
擬製弾弾頭
擬製弾弾頭
発射筒
発射筒
(発射チューブ)
発射装置を発射筒へ取付け
発射装置を発射筒へ取付け
照準器
照準器
発射装置
発射装置
セレクターレバー
セレクターレバー
 

 
陸上自衛隊 装備
74式戦車軽装甲機動車82式指揮通信車87式偵察警戒車96式装輪装甲車高機動車89式5.56mm小銃64式7.62mm小銃5.56mm機関銃12.7mm重機関銃 M29mm拳銃対人狙撃銃79式対戦車誘導弾87式対戦車誘導弾01式軽対戦車誘導弾110mm携帯対戦車弾81mm迫撃砲 L16120mm迫撃砲 RT155mm榴弾砲 FH70改良ホーク81式短距離誘導弾03式中距離誘導弾AH-1S コブラAH-64D アパッチOH-1(観測ヘリ)OH-6D(観測ヘリ)UH-1H(多用途ヘリ)UH-1J(多用途ヘリ)KV-107IIA-481式自走架柱橋重レッカ大型セミトレーラー73式大型トラック73式大型トラック改良型73式中型トラック一トン半救急車73式小型トラック 新型73式小型トラック 旧型小型ドーザ大型ドーザ78式雪上車軽雪上車92式地雷原処理車化学防護車偵察用オートバイその他 装備
ページ先頭(陸上自衛隊:110mm個人携帯対戦車弾)へもどる。
Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.