いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 陸上自衛隊 装備

化学防護車


 化学防護車は、核兵器や原子力事故によるフォールアウト(汚染された塵が降下した状態)および化学兵器による有毒ガス等による汚染地域内を自由に行動できる装輪装甲車で、放射線や汚染状況を調査・測定する偵察車両です。82式指揮通信車をベースとして開発された車体(87式偵察警戒車の弟分?)で、1987年(昭和62年)に制式採用され、主に陸上自衛隊の中央特殊武器防護隊(大宮駐屯地)、各師団および旅団内の化学科部隊などに配備されています。なお生物兵器には対応していません。
 この化学防護車の車内には、空気清浄機が取り付けられ、防護マスクを装面することなく放射線測定器やガス検知器などを用い車外の汚染状況を迅速かつ正確に把握できます。また車体後部にマニピュレーターが取り付けられており、マニピュレーターを使って汚染された試料を採取することができます。車両上面には、また、車両上面に12.7mm重機関銃を搭載することが可能で、乗員を外気に晒さずに車内から遠隔操作する事が可能になっています。車両前面に中性子遮断板を装備することもできます。1999年度以降取得の車輌は「化学防護車(B)」と呼ばれ、風向センサーが起倒式になっています。また、近年になって化学防護車が緊急車輌として認定されたため、赤色灯を搭載している車両もあります。
 
化学防護車(写真:2012年8月26日、富山県小矢部市でのヘリコプター&防災フェスティバルにて撮影)
化学防護車
化学防護車 車両番号:81-9034、第10師団 第10化学防護隊(10化)所属、守山駐屯地(愛知県名古屋市守山区)
 
化学防護車 諸元
化学防護車の詳細写真
車両正面
車両正面
車両左面
車両左面
車両右面
車両右面
車両後部
車両後部
車両上面
車両上面
車両下部
車両下部
汚染表示装置
汚染表示装置
後部ドア
後部ドア
マニピュレーター
マニピュレーター
キューポラ
キューポラ
12.7mm重機関銃 M2の銃架
12.7mm重機関銃 M2の銃架
コンバット・タイヤ
コンバット・タイヤ
操縦席
操縦席
乗降用ハッチ
乗降用ハッチ
 

 
陸上自衛隊 装備
74式戦車軽装甲機動車82式指揮通信車87式偵察警戒車96式装輪装甲車高機動車89式5.56mm小銃64式7.62mm小銃5.56mm機関銃12.7mm重機関銃 M29mm拳銃対人狙撃銃79式対戦車誘導弾87式対戦車誘導弾01式軽対戦車誘導弾110mm携帯対戦車弾81mm迫撃砲 L16120mm迫撃砲 RT155mm榴弾砲 FH70改良ホーク81式短距離誘導弾03式中距離誘導弾AH-1S コブラAH-64D アパッチOH-1(観測ヘリ)OH-6D(観測ヘリ)UH-1H(戦闘ヘリ)UH-1J(多用途ヘリ)KV-107IIA-481式自走架柱橋重レッカ大型セミトレーラー73式大型トラック73式大型トラック改良型73式中型トラック一トン半救急車73式小型トラック 新型73式小型トラック 旧型小型ドーザ大型ドーザ78式雪上車軽雪上車92式地雷原処理車化学防護車偵察用オートバイその他 装備
ページ先頭(陸上自衛隊:化学防護車)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.