いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 陸上自衛隊 装備

79式対舟艇対戦車誘導弾


 79式対舟艇対戦車誘導弾(通称:重MAT)は、主として遠距離火力を発揮し、対上陸戦闘においては到着前の小型上陸用舟艇を、地上戦闘においては戦車を撃破する誘導火器です。発射機には、照準器を取り付けられる1型と発射機単独の2型があり、通常はこの2種類の発射機で1セットとなっています。対戦車隊に配備され、戦闘訓練展示で見ていると1セットが3人の隊員(発射機に1名、送信器に1名、通信機を担ぎ89式5.56mm小銃を持ち防御に1名)で運用されています。
 
79式対舟艇対戦車誘導弾(写真:2009年9月20日 金沢駐屯地祭にて撮影)
79式対舟艇対戦車誘導弾
 
名称:79式対舟艇対戦車誘導弾(HMAT、Type 79 Jyu-MAT)、通称:重MAT
種別:対舟艇・対戦車ミサイル(多目的ミサイル)
設計:陸上自衛隊研究本部、製造:川崎重工・三菱自動車工業
その他:1964年(昭和39年)から川崎重工業が開発開始、1979年(昭和54年)に制式採用
 
79式対舟艇対戦車誘導弾 諸元
発射機(左の円筒)と照準機(右の円筒)
発射機と照準機
 
79式対舟艇対戦車誘導弾 詳細写真
発射機
発射機
発射口
発射口
照準器
照準器
送信器
送信器
車載時の79式対舟艇対戦車誘導弾
車載時
運搬用トレーラーとトラック
運搬用トレーラーとトラック
観閲行進
観閲行進
戦闘訓練展示
戦闘訓練展示
 

 
陸上自衛隊 装備
74式戦車軽装甲機動車82式指揮通信車87式偵察警戒車96式装輪装甲車高機動車89式5.56mm小銃64式7.62mm小銃5.56mm機関銃12.7mm重機関銃 M29mm拳銃対人狙撃銃79式対戦車誘導弾87式対戦車誘導弾01式軽対戦車誘導弾110mm携帯対戦車弾81mm迫撃砲 L16120mm迫撃砲 RT155mm榴弾砲 FH70改良ホーク81式短距離誘導弾03式中距離誘導弾AH-1S コブラAH-64D アパッチOH-1(観測ヘリ)OH-6D(観測ヘリ)UH-1H(戦闘ヘリ)UH-1J(多用途ヘリ)KV-107IIA-481式自走架柱橋重レッカ大型セミトレーラー73式大型トラック73式大型トラック改良型73式中型トラック一トン半救急車73式小型トラック 新型73式小型トラック 旧型小型ドーザ大型ドーザ78式雪上車軽雪上車92式地雷原処理車化学防護車偵察用オートバイその他 装備
ページ先頭(陸上自衛隊:79式対舟艇対戦車誘導弾)へもどる。
Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.