いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 陸上自衛隊 装備

12.7mm重機関銃 M2(ブローニングM2重機関銃)


 12.7mm重機関銃 M2は、陸上自衛隊で主に車載機関銃として装備されている重機関銃です。また地上戦闘用に三脚架、対空用に高射架脚を用いて普通科部隊の重機関銃としても使用されています。この12.7mm重機関銃は、アメリカ合衆国の銃器設計家ジョン・ブローニング(John Moses Browning、1855年1月21日生 - 1926年11月26日没)が第一次世界大戦末期に開発し、1933年にアメリカ軍に制式採用され、第二次世界大戦以来世界各国の軍隊で採用されています。現在でも世界中で生産されている優秀な機関銃です。日本では住友重機械工業がライセンス生産しています。
 
12.7mm重機関銃 M2(写真:2012年9月30日 金沢駐屯地祭にて撮影)
12.7mm重機関銃 M2
 
名称:12.7mm重機関銃 M2(ブローニングM2重機関銃)
種別:機関銃
開発国:アメリカ合衆国、設計・製造:ジョン・ブローニング(設計)
ライセンス生産:住友重機械工業
 
12.7mm重機関銃 M2 諸元
82式指揮通信車に装備された12.7mm重機関銃 M2(写真:2008年9月28日撮影)
82式指揮通信車に装備された12.7mm重機関銃 M2
 
74式戦車に装備された12.7mm重機関銃 M2(写真:2008年10月12日撮影)
74式戦車に装備された12.7mm重機関銃 M2
 
96式装輪装甲車に装備された12.7mm重機関銃 M2(写真:2010年10月24日撮影)
96式装輪装甲車に装備された12.7mm重機関銃 M2
 
12.7mm重機関銃 M2 詳細写真
銃口
銃口
銃身被筒
銃身被筒
槓桿
槓桿
コッキングハンドル
握り部
握り部
引金
引金
緩衝器
緩衝器
照星
照星
(フロントサイト)
照門
照門
(リアサイト)
銃身
銃身
対空射撃用円型航速環
対空射撃用円型航速環
対空射撃用照門部
対空射撃用照門部
M63対空銃架
M63対空銃架
 

 
陸上自衛隊 装備
74式戦車軽装甲機動車82式指揮通信車87式偵察警戒車96式装輪装甲車高機動車89式5.56mm小銃64式7.62mm小銃5.56mm機関銃12.7mm重機関銃 M29mm拳銃対人狙撃銃79式対戦車誘導弾87式対戦車誘導弾01式軽対戦車誘導弾110mm携帯対戦車弾81mm迫撃砲 L16120mm迫撃砲 RT155mm榴弾砲 FH70改良ホーク81式短距離誘導弾03式中距離誘導弾AH-1S コブラAH-64D アパッチOH-1(観測ヘリ)OH-6D(観測ヘリ)UH-1H(戦闘ヘリ)UH-1J(多用途ヘリ)KV-107IIA-481式自走架柱橋重レッカ大型セミトレーラー73式大型トラック73式大型トラック改良型73式中型トラック一トン半救急車73式小型トラック 新型73式小型トラック 旧型小型ドーザ大型ドーザ78式雪上車軽雪上車92式地雷原処理車化学防護車偵察用オートバイその他 装備
ページ先頭(陸上自衛隊:12.7mm重機関銃 M2)へもどる。
Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.