いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 陸上自衛隊 装備

OH-1(観測ヘリコプター)


 OH-1は、川崎重工業によって製造された陸上自衛隊の観測ヘリコプター(偵察機)で、日本領土に侵攻上陸した敵を低空から偵察し、地上攻撃部隊や戦闘ヘリコプター部隊に最新の情報を提供し、戦術支援することを目的とした機体です。1992年(平成4年)に計画が始まり、川崎重工業を主体として開発が行なわれ、1996年(平成8年)8月6日に初飛行、1997年(平成9年)に陸上自衛隊で制式採用、2000年(平成12年)に量産1号機が納入されました。
 このOH-1は、OH-6D 観測ヘリコプターの後継として採用されましたが、調達コストが19億円(平成22年度)~25億円(平成20年度)と観測ヘリコプターとしてはかなり高く、当初計画では250機程度を導入する予定でしたが、平成22年度を最後に調達が打ち切られ、量産機34機+試作機4機で生産終了となりました。OH-1の後継として、OH-1をベースに「新多用途ヘリコプター」を開発することが平成24年(2012年)3月に決定(川崎重工が発注)しましたが、2012年9月にこの次期多用途ヘリコプターに関して開発・納入計画をめぐる談合(事前に防衛庁からメーカーに仕様が流れていた)が発覚し・・・となりました。
 
OH-1 観測ヘリコプター(写真:2012年10月21日 富山駐屯地祭にて撮影)
OH-1 観測ヘリコプター
機体番号:32623
 
名称:OH-1、愛称:ニンジャ
種別:観測ヘリコプター(偵察機)
乗員:2名
全長:12.0m
全高:3.8m
主回転翼直径:11.5m、胴体幅:約1m
自重:2,500kg
全備重量:3,500kg
エンジン:三菱 TS1-M-10 ターボシャフト ×2基
出力:884shp ×2
超過禁止速度:290km/h
航続距離:550km
機体内燃料積載量:953L
武装:固定武装がないが、胴体両側の安定翼下のハードポイントを介して短射程空対空ミサイル(91式携帯地対空誘導弾(SAM-2)を搭載可能
開発と製作:主として川崎重工業が開発した純国産双発ヘリコプター(初飛行1996年)です。製造は、川崎重工業・富士重工業・三菱重工業の分担で行われています。
 
地上展示中のOH-1 観測ヘリコプター(写真:2014年8月23日 クロスランドおやべ ヘリコプター&防災フェスティバルにて撮影)
地上展示中のOH-1 観測ヘリコプター
 
OH-1 観測ヘリコプター(写真:浜松基地での航空祭にて撮影)
OH-1 観測ヘリコプター
 
OH-1 観測ヘリコプターの詳細写真
機体正面
機体正面
機体左面
機体左面
機体右面
機体右面
機体後部
機体後部
機体底面
機体底面
機首
機首
胴体
胴体
テールブーム
テールブーム
メインローター
メインローター
メインローター基部
メインローター基部
テールローター
テールローター
垂直尾翼
垂直尾翼
パイロット席
パイロット席
観測員席
観測員席
スタブ・ウイング
スタブ・ウイング
回転式索敵サイト
回転式索敵サイト
水平安定板
水平安定板
 

 
陸上自衛隊 装備
74式戦車軽装甲機動車82式指揮通信車87式偵察警戒車96式装輪装甲車高機動車89式5.56mm小銃64式7.62mm小銃5.56mm機関銃12.7mm重機関銃 M29mm拳銃対人狙撃銃79式対戦車誘導弾87式対戦車誘導弾01式軽対戦車誘導弾110mm携帯対戦車弾81mm迫撃砲 L16120mm迫撃砲 RT155mm榴弾砲 FH70改良ホーク81式短距離誘導弾03式中距離誘導弾AH-1S コブラAH-64D アパッチOH-1(観測ヘリ)OH-6D(観測ヘリ)UH-1H(多用途ヘリ)UH-1J(多用途ヘリ)KV-107IIA-481式自走架柱橋重レッカ大型セミトレーラー73式大型トラック73式大型トラック改良型73式中型トラック一トン半救急車73式小型トラック 新型73式小型トラック 旧型小型ドーザ大型ドーザ78式雪上車軽雪上車92式地雷原処理車化学防護車偵察用オートバイその他 装備
ページ先頭(陸上自衛隊:OH-1(観測ヘリ))へもどる。
Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.