いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 陸上自衛隊 装備

OH-6D(観測ヘリコプター)


 観測ヘリコプター OH-6Dは、アメリカ合衆国のヒューズ・ヘリコプターズ社が開発した小型ヘリコプターです。小型軽量で高い整備性と卓越した飛行性能があり、優れた信頼性と安全性を備えています。日本では川崎重工業がライセンス生産を行いました。このOH-6Dは、1979年(昭和54年)から1997年(平成9年)まで生産され、陸上自衛隊に193機、海上自衛隊に14機が納入されました。なお陸上自衛隊では、2001年(平成13年)から後継の観測ヘリコプターとされたOH-1(川崎重工業を主体とした純国産双発ヘリコプター)の導入が進められていますが、予算削減の影響で年間調達数が少ないことから、今後も当分の間はOH-6Dの運用が続けられるようです。
 
OH-6D(観測ヘリコプター)写真:2008年9月28日 金沢駐屯地祭にて撮影
観測ヘリコプター OH-6D
機体番号:X31196(JG-1196)、第10師団 第10飛行隊(明野駐屯地)所属
 
名称:OH-6D
種別:観測ヘリコプター(偵察機)
乗員:パイロットを含めて4人
全長:9.30m(胴体全長7.23m)
全幅:8.05m(スキッド幅2.06m)
全高:2.73m
ローター直径:8.05m(5枚ブレード)
自重:538kg
最大全備重量:1361kg
最大速度:282km/h、巡航速度:240km/h
航続距離:430km、実用上昇限度:4450m
製作:川崎重工業(アメリカのヒューズ・ヘリコプターズ社からのライセンス生産品)
備考:暗視ゴーグル対応コックピット、赤外線監視装置、赤外線照射装置を装備
 
観測ヘリコプター OH-6D の写真
正面
正面
左側
左側
右側
右側
後ろ側
後ろ側
胴体
胴体
テールブーム
テールブーム
展示飛行
展示飛行
操縦席
操縦席
メインローター・ブレード
メインローター・ブレード
メインローター基部
メインローター基部
テールローター
テールローター
テールローター基部
テールローター基部
赤外線ライト
赤外線ライト
加熱式ピート管
加熱式ピート管
外気温度センサー
外気温度センサー
UHFアンテナ
UHFアンテナ
ADFセンサーアンテナ
ADFセンサーアンテナ
FM通信アンテナ
FM通信アンテナ
排気口
排気口
垂直安定板
垂直安定板
水平安定板
水平安定板
スキッド
スキッド
マスコットシール
マスコットシール
アース線
アース線
 

 
陸上自衛隊 装備
74式戦車軽装甲機動車82式指揮通信車87式偵察警戒車96式装輪装甲車高機動車89式5.56mm小銃64式7.62mm小銃5.56mm機関銃12.7mm重機関銃 M29mm拳銃対人狙撃銃79式対戦車誘導弾87式対戦車誘導弾01式軽対戦車誘導弾110mm携帯対戦車弾81mm迫撃砲 L16120mm迫撃砲 RT155mm榴弾砲 FH70改良ホーク81式短距離誘導弾03式中距離誘導弾AH-1S コブラAH-64D アパッチOH-1(観測ヘリ)OH-6D(観測ヘリ)UH-1H(戦闘ヘリ)UH-1J(多用途ヘリ)KV-107IIA-481式自走架柱橋重レッカ大型セミトレーラー73式大型トラック73式大型トラック改良型73式中型トラック一トン半救急車73式小型トラック 新型73式小型トラック 旧型小型ドーザ大型ドーザ78式雪上車軽雪上車92式地雷原処理車化学防護車偵察用オートバイその他 装備
ページ先頭(陸上自衛隊:OH-6D(観測ヘリコプター))へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.