いこまいけ高岡 / 京都編
いこまいけ高岡 > 京都市 > 嵐山地図 > 嵯峨野地図 > 清涼寺

清涼寺 本堂


 本堂(ほんどう)は、平安時代前期の945年(天慶8年)に重明親王妃が棲霞寺(清涼寺の前身)の寺域に新堂を建てたのが始まりで、その後度重なる火災で焼失し、現在の本堂は江戸時代中期の1701年(元禄14年)に再建されたものです。建物は、間口14間、奥行13間、単層入母屋造り、本瓦葺きです。徳川初期末の桃山建築の名残りを示す豪華な造りです。この本堂は、京都府指定文化財となっています。
 本堂には清涼寺の本尊となっている三国伝来の釈迦如来立像(国宝)が安置されています。宮殿の裏には古潤筆になる清涼寺縁起の一部を拡大した壁画があり、東の脇壇には中央に開祖・奝然の木像、西の脇壇には厄除地蔵尊(鎌倉時代初期、国の重要文化財)が祀られ、その他に法華経浄土経典を納めた納経塔、桂昌院寄進の絹幢幡お御拭の太鼓、江戸出開帳の際の輿などがあります。
 
清涼寺 本堂(写真:2011年11月9日撮影)
清涼寺 本堂
 
扁額「栴檀瑞像」、インドで造られた釈迦如来立像は栴檀の木で造られたと伝えられることに因んでいます。揮毫は、黄檗宗の隠元隆琦の揮毫です。
扁額
 
本堂 地図(Map of Hon-do (Main Hall), Seiryo-ji Temple, Sagano, Kyoto city, Japan)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に京都市嵯峨野の清涼寺にある本堂の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
本堂と周辺の見所
  1. 本堂
  2. 渡り廊下
  3. 軒端梅
  1. 阿弥陀堂
  2. 一切経蔵
  3. 秀頼公の首塚
  1. 薬師寺
 

 
清涼寺の伽藍と見所
仁王門本堂阿弥陀堂一切経蔵愛宕権現社多宝塔聖徳太子殿狂言堂鐘楼薬師寺渡り廊下納骨堂弁天堂書院茶室庫裏霊宝館西門法然上人像嵯峨天皇宝塔奝然上人墓秀頼公の首塚八宗論池弥勒多宝石仏桂昌院殿遺愛の井戸忠霊塔境内地図
ページ先頭(清涼寺:本堂)へもどる。
Copyright © 2006-2020 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.