いこまいけ高岡 / 京都編
いこまいけ高岡 > 京都観光 > 京都御所 > 一般公開 > 紫宸殿

高御座


 高御座(たかみくら)は、天皇の即位の儀式に天皇の御座として用いられるものです。現在の高御座は古制に則り、大正天皇即位式の際に造られたものです。昭和天皇も京都御所の紫宸殿でこの高御座で即位礼を行いました。今上天皇は、東京で即位礼を行ったため、この高御座を解体して東京まで運びました。
 三層の継段からなり、朱塗りの高欄を巡らした黒漆塗りの浜床に、八角形の屋形があり、屋形の上には中央に大鳳凰、周りには小鳳凰を載せ、大小の鏡・玉・瓔珞・帳などで装飾されています。屋形の中には、御椅子(ごいし)があり、その左右に剣璽(けんじ、三種の神器のうち「天叢雲剣」と「八尺瓊勾玉」をあわせた呼称)と御璽(ぎょじ、天皇の公印で法律・政令・条約の公布文や批准書などに捺される印章で印文は「天皇御璽」、現在の御璽は1874年(明治7年)に製作された純金製)・国璽(こくじ、国家の表徴として捺す印章で印文は「大日本國璽」、外交文書など国家の重要文書に捺される)を置く案(あん)があります。
 
紫宸殿 高御座(写真:2008年11月12日撮影)
高御座
 

 
京都御所
宜秋門御車寄諸大夫の間新御車寄月華門建礼門承明門建春門春興殿日華門紫宸殿清涼殿御池庭小御所蹴鞠の庭御学問所御常御殿御内庭御涼所御三間清所門
ページ先頭(京都御所:紫宸殿・高御座)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.