いこまいけ高岡 / 京都の近代建築編
いこまいけ高岡 > 京都観光 > 京都市の近代建築物 > 伏見区の近代建築物

近鉄澱川橋梁


 近鉄澱川橋梁は、旧奈良電鉄(現近鉄京都線)によって1928年(昭和3年)に宇治川に架けられた鉄製の単純トラス橋です。陸軍演習に支障がないように橋脚を設けない設計となり、同形式では日本最大の径間を誇っています。関場茂樹の設計で、神戸川崎造船所で製作されました。国登録有形文化財(第26-0073 号)に指定されています。
 
近鉄電車の中から見た近鉄澱川橋梁(写真は2008年11月9日撮影)
近鉄澱川橋梁
 
近鉄澱川橋梁 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に近鉄澱川橋梁の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
近鉄澱川橋梁 住所:京都府京都市伏見区弾正島~向島西堤町
 

 
京都市の近代建築物
三条通四条通七条通岡崎公園京都大学同志社大学龍谷大学京都工芸繊維大学大谷大学下京区中京区上京区左京区右京区東山区北区山科区南区伏見区
ページ先頭(伏見区の近代建築物:近鉄澱川橋梁)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.