いこまいけ高岡 / 京都編
いこまいけ高岡 > 京都観光 > 近代建築物

大谷大学 近代建築物


 大谷大学 尋源館は、1913年(大正2年)に現在地へキャンパスを移転した際に建築された、大学本館です。設計は首藤勉と山本八太郎が行いました。赤煉瓦に白い御影石でラインを入れた外観です。屋根中央の塔屋は設計図面では時計台として描かれていますが、実際には時計は設けられませんでした。当初は左右対象に両翼部を持つ形状でした。
 
大谷大学 尋源館(写真:2008年11月12日撮影)
大谷大学
 
大谷大学 近代建築物 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に京都市 近代建築物の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
  1. 大谷大学 尋源館(大谷大学 旧本館):1913年(大正2年)、京都市北区小山上総町、国登録有形文化財(第26-0058号)
  2. 旧鈴木大拙邸:1927年(昭和2年)、京都市北区小山東大野町
大谷大学 尋源館の写真
屋根中央の塔屋
屋根中央の塔屋
西側側面
西側側面
大谷大学 正門
大谷大学 正門
大谷大学キャンパス風景
大谷大学キャンパス風景
 

 
京都市の近代建築物
京都国立博物館三条通四条通七条通岡崎公園京都大学同志社大学龍谷大学大谷大学下京区中京区上京区左京区右京区東山区北区山科区南区伏見区
ページ先頭(大谷大学の近代建築物)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.