いこまいけ高岡 > 京都市 > 西本願寺 > 唐門

唐門 中国故事の彫刻

いこまいけ高岡

 唐門の側面に中国の故事をモチーフとした浮き彫りの極彩色彫刻があります。道路側(北小路通)は「黄石公」と「張良」の「黄石公が川の中に投げ入れた沓(靴)を張良に拾わせ兵書を授ける場面」、境内側は「許由」と「巣父」の「許由 耳を洗えば単父牛をひいて帰るの図」です。「黄石公と張良」が道路側にあり、「許由と巣父」が境内側にあるのは意図的であり、武人である張良を「俗世」である境内の外、清廉な人物とされる許由と巣父を「非俗世」である境内に配置したとされています。
 
唐門 中国故事の彫刻(写真:2009年10月28日撮影)、牛を引いて帰る単父
唐門 中国故事の彫刻
 
耳を洗う許由
耳を洗う許由
 
馬上の黄石公
馬上の黄石公
 
龍神に乗り沓(靴)を献ずる張良
龍神に乗り沓(靴)を献ずる張良
 

 
ページ先頭(西本願寺 唐門:中国故事の彫刻)へもどる。
西本願寺 唐門の彫刻
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.