いこまいけ高岡 > 奈良県 > 西ノ京 > 唐招提寺

唐招提寺 鼓楼

いこまいけ高岡

 鼓楼(国宝:1953年(昭和28年)11月14日指定)は、金堂講堂の東側に建つ小規模な2階建の建物(桁行3間、梁間2間、楼造、入母屋造、本瓦葺)です。鎌倉時代の1240年(仁治元年)に建てられた建物です。「鼓楼」と名付けられていますが、鑑真が中国(唐)から請来した仏舎利を安置しているため、舎利殿とも呼ばれています。外観は、上下階とも扉と連子窓(れんじまど)で構成され、縁と高欄が取り付けられています。堂内の厨子には、仏舎利を収めた国宝の金亀舎利塔(きんきしゃりとう、南北朝時代(14世紀)の作)が安置されています。
 
唐招提寺 鼓楼(写真は2008年11月10日撮影)
唐招提寺 鼓楼
 
唐招提寺 鼓楼 地図(中央のポインターの場所が鼓楼です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に唐招提寺 鼓楼の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 

 
ページ先頭(唐招提寺:鼓楼)へもどる。
唐招提寺
 

 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.