いこまいけ高岡 / 高山
いこまいけ高岡 > 高山市 > 春の高山祭 > からくり人形

石橋台 からくり人形


 石橋台のからくり人形は、扇笠姿の美人(石橋人形)です。からくり奉納では、最初は艶やかに踊り始めますが、途中で内掛けがめくれて獅子に変身します。獅子の姿で長唄「英執着獅子(はなぶさしゅうちゃくじし)」に合わせて激しく踊りを舞い、再び元の姿に戻り両手に牡丹を持ち「万歳千秋」と舞い納めます。1892年(明治25年)に風紀上好ましくないとされ差し止めを受け約100年間踊られませんでしたが、長年の空白を経て1984年(昭和59年)に復活しました。石橋台の屋台写真
 
扇笠姿の美人による艶やかな踊り
石橋台 からくり人形
 
獅子に変身
石橋台 からくり人形 場面2
 
両手に紅白の牡丹の花を持ち「万歳千秋」と舞い納め
石橋台 からくり人形 場面3
 

 
ページ先頭(春の高山祭:石橋台からくり人形)へもどる。
からくり人形
 
高山のホテルと旅館
高山市のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.