いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > ハイキングと登山 > 上高地ハイキング > 明神地区

嘉門次レリーフ


 嘉門次レリーフは、上高地で猟師をしていた上條嘉門次の記念碑で、散策道(穂高神社 奥宮の参道)を挟んで反対側には上條嘉門次の子孫が経営する山小屋「嘉門次小屋」があります。上條嘉門次は、日本アルプスを世界に紹介したウォルター・ウェストンを北アルプスへ案内した人物として知られています。
 
嘉門次レリーフ(写真:2015年7月20日7時53分撮影)
嘉門次レリーフ
 

 
嘉門次レリーフ地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に北アルプスの上高地にある嘉門次レリーフの地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
このエリアの詳細地図は「国土地理院発行 2万5千分1地形図 穂高岳 / 上高地」を購入するといいです。
 
嘉門次レリーフと周辺のコースポイント
1. 明神分岐:標高 1,530m
2. 明神館:旅館
3. 明神橋:標高 1,527m
4. 山のひだや:旅館
5. 穂高神社 鳥居
6. 嘉門次レリーフ
7. 嘉門次小屋:山小屋
8. 穂高神社 奥宮:標高 1,525m
9. 明神池
 
「嘉門次レリーフ」に嵌めこまれた上條嘉門次の肖像(写真:2015年7月20日撮影)
「嘉門次レリーフ」に嵌めこまれた上條嘉門次の肖像
 
「嘉門次レリーフ」の銘板(写真:2015年7月20日撮影)、上條嘉門次の顕彰文かと思いましたが、明神池の説明でした。
「嘉門次レリーフ」の銘板
「嘉門次レリーフ」の銘板の記載内容
明神池
 霊峯明神岳はその魁偉な山肌をえぐって明神池へなだれこむようにその倒影を撮す 清洌無比の水面は大古のように静寂 造化の妙正にこれ極まる
 穂高見命を祀る穂高神社奥宮は何時の世よりかここに鎮座する 山の名ガイド上條嘉門次は大正六年十月二十六日 七十一才で没するまで 池畔にその生涯を委ねた
 池の位置は東経137度39分 北緯36度15分に位し 水面の標高 1540米
 

 
ページ先頭(上高地:嘉門次レリーフ)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.