いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > ハイキングと登山 > 室堂から仙人池と水平歩道を経て欅平 > 水平歩道

大太鼓


大太鼓(写真:2017年10月01日10時24分撮影)、岩肌をくり抜いた登山道を通過
大太鼓
 

 
大太鼓 地図、地図の赤線は阿曽原温泉小屋から欅平 858m地点(パノラマ展望台)までの登山道(水平歩道)です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に北アルプス(立山・剱岳山域)水平歩道にある大太鼓の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
大太鼓と周辺の山小屋およびコースポイント
1. 大きなハシゴ1
2. 大きなハシゴ2
3. 折尾の大滝
4. オリオ谷(折尾谷):標高 935m
5. 奥鐘山西壁の展望ポイント:標高 930m
6. 大太鼓:標高 930m
7. 志合谷トンネル:標高 925m
8. 岩間の道
9. 短いトンネル:標高 970m
10. 新北陸幹線 No13 分岐
11. 木の股くぐり
12. 蜆谷トンネル:標高 980m
13. 奥鐘山:標高 1,543m
14. 三等三角点「小黒部」:標高 1,668.1m
 
「大太鼓」案内板(写真:2017年10月01日10時24分撮影)、「撮影ポイント、大太鼓展望台、この先欅平駅見通地点は一部の携帯電話利用可能、欅平駅まで5.4㎞、阿曽原まで6.2㎞」です。岩をくり抜いた登山道がたくさんあるので、この案内板が無いと何処が「大太鼓」が判らないとこでした。山と高原地図では、コースタイムのポイント場所が「ケヤキ平見える奥鐘山西壁の展望」と書かれ、大太鼓とは違う場所なのです。地図的には、ポイント場所から5㎜くらい左側に黒字で「大太鼓」と記載されています。その場所より更に5㎜程左にこの案内板がありました。なおGPSログを取りながら場所を確認しましたが、くり抜いた岩肌がGPSの電波を撥ね返すのか?高圧鉄塔からの磁力線の影響か?はたまた地下を走る関西電力上部軌道の影響か?、仙人谷ダム付近から水平歩道ではGPSログが乱れる場所がいくつかありました。この大太鼓付近でも何故かデーターが小さく飛びました。
「大太鼓」案内板
 
標高1,543 m 奥鐘山(写真:2017年10月01日10時23分撮影)、国の特別天然記念物および特別名勝「黒部峡谷附猿飛ならびに奥鐘山」です。西壁は幅1km・高さ800mある日本屈指の岩壁であり、黒部別山大タテガビン南東壁(通称「黒部の魔人」)と丸山東壁(通称「黒部の巨人」)とともに黒部三大岩壁に数えられています。因みに奥鐘山・西壁の通称は「黒部の怪人」です。
奥鐘山
 

 
水平歩道のコースポイント
阿曽原温泉小屋折尾の大滝オリオ谷大太鼓志合谷短いトンネル蜆谷欅平上部欅平 858m地点(パノラマ展望台)、 シジミ坂欅平駅
ページ先頭(阿曽原温泉小屋から欅平へ至る水平歩道:大太鼓)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.