いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > ハイキングと登山 > 室堂から仙人池と水平歩道を経て欅平

阿曽原温泉小屋


 阿曽原温泉小屋(あそはら おんせん ごや、標高 860m)は、仙人池から阿曽原温泉を経て水平歩道を歩き欅平へ抜ける登山ルート上にある山小屋で、テント場(30張り、阿曽原キャンプ場)があります。12人寝られる部屋が4室あり、混雑時は食堂も使われます。大きな乾燥室が1つ、トイレが2箇所(1か所は水洗洋式トイレ)あります。
 名前の通り温泉(日帰り入浴可)があります。温泉(露天風呂)は山小屋から5分程下った(それなりの坂)場所(黒部川の川原の少し上、標高 790m)です。脱衣所はなく、着替えは何枚か置かれた「すのこ」の上、脱いだ服もすのこの上に置いて、プラスチック手桶があるので、お湯で体を洗って、露天風呂へドボン。良いか悪いか別として、石鹸が置いてあるので、それで体を洗っても問題ありません。目隠しは無いです。登山道から露天風呂は見えなかった(と思う)ので気にすることはありません。明るい時間から20時までは、1時間ごとの男女入れ替え制になっており、20時以降は混浴になっていました。ただしお風呂とそこへの道には照明が無いので、暗い時間に入浴するのは考えものかもしれません。2日間、風呂に入っていなかったので、気持ち良かったです。ただし温泉ってことで期待して入ったのですが、肌がスベスベになったとか、体の芯から暖まった、って温泉特有の効果は無かった(個人的感想)ような気がします。
 この阿曽原温泉小屋へのコースタイムとしては、仙人池ヒュッテから阿曽原温泉小屋までは 5時間50分、仙人温泉小屋から雲切新道を下って阿曽原温泉小屋までは 4時間20分、阿曽原温泉小屋から水平歩道を下って黒部峡谷鉄道の欅平駅まで 5時間15分です。逆コースの欅平駅から阿曽原温泉小屋までは 5時間20分(案内板によれば 11.6km)、阿曽原温泉小屋から仙人温泉小屋までは 5時間35分、阿曽原温泉小屋から仙人池ヒュッテまでは 7時間55分です。なお室堂ターミナルから仙人池を経て阿曽原温泉小屋までは 15時間20分、阿曽原温泉小屋から欅平駅まで 5時間15分です。逆の欅平駅から阿曽原温泉小屋までは 5時間20分、阿曽原温泉小屋から室堂ターミナルまでは 17時間45分です。
 黒部ダムから旧日電歩道(黒部峡谷・下の廊下)を下って阿曽原温泉小屋までは 7時間25分、逆の阿曽原温泉小屋から黒部ダムまでは 8時間45分です。
Webサイト:阿曽原温泉小屋(水平歩道と下の廊下の開通情報や登山道の状況があります)
 
阿曽原温泉小屋(写真:2017年10月01日6時56分撮影)
阿曽原温泉小屋
 

 
阿曽原温泉小屋 基本データ(下記情報は2017年現在です。最新情報は山小屋へ問い合わせてください)
阿曽原温泉小屋 周辺地図、地図の赤線は仙人池方向(仙人池ヒュッテ)から雲切新道を経て阿曽原温泉小屋へ到り欅平方向(折尾谷)までの登山道、緑線は仙人谷ダム峠から黒部ダム方向(十字峡広場)への登山道(下の廊下 = 旧日電歩道)です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に北アルプス(立山・剱岳山域)にある阿曽原温泉小屋の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
室堂ターミナルから剣沢を経て阿曽原温泉小屋までの登山ルートデータ: GPX 形式 / KML 形式
 
阿曽原温泉小屋と周辺の山など
1. 仙人温泉小屋:標高 1,542m
2. 仙人温泉源泉:標高 1,553m
3. 雲切新道 最高地点:標高 1,629m
4. 雲切新道 大ハシゴ(第5ハシゴ):標高 1,520m
5. 雲切新道 第3ハシゴ:標高 1,000m
6. 仙人谷ダム:標高 860m
7. 権現峠:標高 985m
8. 阿曽原温泉小屋:標高 860m
9. 阿曽原谷
10. 東谷吊橋
 
阿曽原温泉小屋の看板(写真:2017年10月01日6時56分撮影)、後ろに登山靴置き場(一応屋根はあるが横殴りの雨が降ると・・・)、紫の阿曽原温泉小屋Tシャツを着ているのは山小屋のお姉さん(愛嬌のある可愛いい人でした)
阿曽原温泉小屋の看板
 
阿曽原温泉小屋名物(晩御飯)のカレーライス(写真:2017年10月01日6時56分撮影)、カレーライスは食べ放題です。5杯食べた人もいたらしい(ワシは2杯で満足)。因みに、お客さんの少ない日は「天ぷら」になることもあるそうです。なお写真中央上のプラスチックコップの内容物は「立山(日本酒)」、結構な量を注いでくれて500円、阿曽原温泉は良心的だわ~
阿曽原温泉小屋名物のカレーライス
 
朝食(写真:2017年10月01日6時56分撮影)、山小屋としてはごく普通の食事でした。梅干しは阿曽原温泉小屋の小屋主のお母さん手作り、「塩がキツメ」なのは汗をかいた登山者を気遣ってのことだそうです。
朝食
 
阿曽原温泉小屋のテント場(写真:2017年10月01日6時56分撮影)、地面は草地(若干の小石が落ちています)、「最大30張り」ってのはかなりキチキチな数字、テント場には水場とトイレがあります。
阿曽原温泉小屋 テント場
 

 
室堂から仙人池と阿曽原を経て欅平へ抜ける登山ルートのコースポイント
立山室堂剣沢小屋剱沢雪渓真砂沢ロッジ二股吊橋仙人新道仙人峠仙人池ヒュッテ仙人池池の平小屋仙人温泉小屋仙人温泉源泉雲切新道仙人谷ダム権現峠阿曽原温泉小屋水平歩道折尾の大滝オリオ谷大太鼓志合谷トンネル蜆谷トンネル)、 欅平駅
ページ先頭(室堂から仙人池と水平歩道を経て欅平へ抜けるコース:阿曽原温泉小屋)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.