いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > ハイキングと登山 > 室堂から仙人池と水平歩道を経て欅平 / 剱岳登山

剱沢雪渓


剱沢雪渓(写真:2017年9月29日12時46分撮影)
剱沢雪渓
 

 
剱沢雪渓地図、地図の赤線は剣沢小屋から剱沢雪渓を下り真砂沢ロッジを経て二股吊橋までの登山道です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に北アルプス(立山・剱岳山域)にある剱沢雪渓の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
剱沢雪渓とコースポイントおよび周辺の山
1. 剱沢小屋:標高 2,467m
2. 剣山荘:標高 2,470m
3. クロユリの滝:標高 2,300mくらい、雪渓上部にある小さな滝
4. 剣山荘からの登山道と合流:標高 2,275m
5. 武蔵谷
6. 剱沢雪渓 武蔵谷出合
7. 平蔵谷
8. 剱沢雪渓 平蔵谷出合
9. 長次郎谷
10. 剱沢雪渓 長次郎谷出合
11. 別山沢
12. 剱沢雪渓 別山沢出合
13. 真砂沢ロッジ:標高 1760m
14. ハシゴ谷乗越分岐:標高 1655m
15. 南股 1642m地点
16. 真砂沢
17. マイナーピーク:標高 2341m
18. 八ツ峰 I峰:標高 2656m
19. 源次郎尾根 I峰:標高 2709m
 
剣沢小屋を出発し、剱沢雪渓への登山道へ(写真:2017年9月29日11時53分撮影)
剣沢小屋を出発し、剱沢雪渓への登山道へ
 
標高 2,300m付近にあるクロユリの滝(写真:2017年9月29日12時11分撮影)
クロユリの滝
 
剣山荘からの登山道との合流地点(写真:2017年9月29日12時14分撮影)、剣山荘からの道はかなり急なガレた登山道です。黄色ペンキで所々マーキングされていますが、遠目からでは踏み跡が判りませんでした。
剣山荘からの登山道との合流地点
 
剱沢雪渓の上端部(写真:2017年9月29日12時16分撮影)、この時の標高は 2,250m付近
剱沢雪渓の上端部
 
雪渓への入口(写真:2017年9月29日12時19分撮影)、雪渓の上端部から夏道を50メートルほど下りました。夏道から雪渓へ踏み跡があったので、アイゼンを装着し、ここから踏む抜き(シュルンド)に注意しながら、雪渓に入りました。今回は昼間の凍っていない時間だったので、アイゼンは土踏まずだけの小さな物(8本爪 = サイド6本+前後2本)にストック1本で下りました。本来(安定性を考えれば)、足裏全体に爪のあるアイゼンが望ましいです。夏や秋の凍っていない時間ならピッケルは要らないと思います(ストックは欲しい)。
雪渓への入口
 
雪渓への入口~平蔵谷出合(写真:2017年9月29日12時37分撮影)、平蔵谷出合の上部から見た剱沢雪渓と紅葉、晴れ間が見えてきて気持ちの良い雪渓歩きでした。この付近は雪渓の傾斜も緩く歩きやすかったです。
雪渓への入口~平蔵谷出合
 
平蔵谷出合から見上げた剱沢雪渓(写真:2017年9月29日12時45分撮影)、青空と錦のような紅葉に感動しました。これで雪が白ければ最高なのですが秋だからね~。
平蔵谷出合から見上げた剱沢雪渓
 
平蔵谷(写真:2017年9月29日12時44分撮影)、この谷を登りつめて平蔵のコルへ行き、カニのタテバイから剱岳本峰へ。現在のワシ(単独行だし)の技量じゃ無理・・・
平蔵谷
 
平蔵谷出合~長次郎谷出合(写真:2017年9月29日12時51分撮影)、この辺りから雪渓の傾斜がキツクなりました。
平蔵谷出合~長次郎谷出合
 
長次郎谷出合のクレバス(写真:2017年9月29日12時54分撮影)、雪渓を横切るようにクレバスのV字の筋がありましたが危険そうには見えませんでした。
長次郎谷出合のクレバス
 
長次郎谷出合から見上げた剱沢雪渓(写真:2017年9月29日12時57分撮影)、紅葉が綺麗でした。
長次郎谷出合から見上げた剱沢雪渓
 
長次郎谷(写真:2017年9月29日12時56分撮影)、別山尾根と早月尾根しか登ったことが無いので、長次郎谷の先は判りません(ワシのような一般登山者には一生縁のない場所です)。
長次郎谷
 
長次郎谷出合の下で剱沢雪渓から夏道へ(写真:2017年9月29日13時07分撮影)、この時の目印は水パイプとピンクの旗でした。
長次郎谷出合の下で剱沢雪渓から夏道へ
 
夏道へ入り、ガレ場を登り高巻き道を歩く(写真:2017年9月29日13時15分撮影)
夏道へ入り、ガレ場を登り高巻き道を歩く
 
ナムの滝(写真:2017年9月29日13時24分撮影)
ナムの滝
 
真砂沢ロッジに到着(写真:2017年9月29日13時38分撮影)、剱沢雪渓(剣沢小屋~真砂沢ロッジ)を下るのに要した時間は「1時間45分」でした。晴れて雪渓の状態が良い時でこの時間なので、天候が悪いと2時間以上必要だと思います。
真砂沢ロッジに到着
 

 
室堂から仙人池と阿曽原を経て欅平へ抜ける登山ルートのコースポイント
立山室堂剣沢小屋剱沢雪渓真砂沢ロッジ二股吊橋仙人新道仙人峠仙人池ヒュッテ仙人池池の平小屋仙人温泉小屋仙人温泉源泉雲切新道仙人谷ダム権現峠阿曽原温泉小屋水平歩道折尾の大滝オリオ谷大太鼓志合谷トンネル蜆谷トンネル)、 欅平駅
ページ先頭(室堂から仙人池と水平歩道を経て欅平へ抜けるコース:剱沢雪渓)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.