いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > 私の登山道具 > シュラフ

スリーピング・マット


 昔ならテント泊のマットといえば「銀マット」でした。ハイテクの現在では「ウレタンフォームパッド」もあり、私の使っている空気を入れて膨らませる「エアーマット」では、自分で息を吹き込む、自動膨張式、足や手でポンプを押して吹くらませるなど多種多様です。登山のテント場では地面がデコボコなので、デコボコをなくす厚めのマットだと寝心地が良いようです。私のモンベルのエアパッドは厚さ8cmアルので、地面の小石によるデコボコは感じません。ただしエアーマットのためモコボコって感触があります。空気入れすぎのパンパンより、ちょっと空気を抜いた状態が良いです。連泊で3日目くらいになると空気が抜けてくるので、空気を入れなおして適度の空気感を保ちます。購入したモンベルのマットの長さは150cmですが、同じくモンベルの(U.L.コンフォートシステムピロー)と連結することによって、身長170cmの私に丁度良い長さ(スリーピングマット 150cm+枕 25cm)になります。
 
モンベル U.L.コンフォートシステム エアパッド 150
U.L.コンフォートシステム エアパッド 150
(モンベル)
サーマレスト Zライト・ソル
サーマレスト Zライト・ソル
 

 
私のシュラフ関連の登山道具
シュラフスリーピング・マットピロー(空気枕)、 シュラフカバーウォームアップシーツ
ページ先頭(私の登山道具:スリーピング・マット)へもどる。
Copyright © 2006-2020 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.