いこまいけ高岡 > 砺波市 > 近代建築物 > 砺波郷土資料館

営業室脇の廊下

いこまいけ高岡

 営業室脇の廊下は、砺波郷土資料館の見学順路としては素通りされることが多いですが、立ち止まって外を見て下さい。景色が歪んで見えますよ。窓のガラスは、舶来品です。大正時代までは大面積の板ガラスを製造できませんでした。当時のガラスの製法は吹いて作ったガラスをアイロンがけして平坦にしていたため、どうしても歪みが出来ていました。
 廊下と営業室を隔てるカウンターは欅の一枚板です。
 
営業室脇の廊下
営業室脇の廊下  
砺波郷土資料館の見所の一つとされる扉上の彫刻
扉上の彫刻  

 
ページ先頭(砺波郷土資料館:営業室脇の廊下)へもどる。
砺波郷土資料館
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.