いこまいけ高岡 > 富山市 > 近代建築物

桜橋

いこまいけ高岡・富山市編

 桜橋は、昭和10年(1935年)に富山市街中心部を流れる松川(神通川水系)に架けられた、リベット打ち鋼製アーチ橋です。都市部の歴史的景観を形成する土木建造物として平成11年(1999年)11月18日に富山県内の橋梁としては初めて国登録有形文化財(第16号-0048番)に指定されました。
 富山藩・第10代藩主 前田利保(1800年生まれ - 1859年没)富山城の東の出丸に御殿を建て、御殿から見える神通川(現在の松川)の土手に桜を植え、その美しい景観を楽しんだと伝えられています。その地に架けられた橋であることからこの橋が「桜橋」と名付けられました。
 
桜橋(写真:2009年4月5日撮影)
桜橋
 
桜橋の概要
桜橋地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に桜橋の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:富山県富山市本町
 
橋下のアーチ部分
橋下のアーチ部分
桜橋をくぐる松川遊覧船
桜橋をくぐる松川遊覧船
桜橋を通る地鉄の路面電車
桜橋を通る地鉄の路面電車
桜の時期の桜橋
桜の時期の桜橋
 

 
ページ先頭(富山市 近代建築物:桜橋)へもどる。

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.