いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 金屋町

有磯正八幡宮


 有磯正八幡宮(ありそ しょう はちまんぐう)は、慶長15年の高岡城築城の際に、「有磯宮」と「横田正八幡宮」の二社が合祀された神社です。金屋町の氏神である石凝姥命(いしこりのどめのみこと、別名:鍋宮様)が祀られています。
 社殿は、1935年(昭和10年)に造営され、「有磯造り」と呼ばれる銅板葺の屋根が特徴的です。国の登録有形文化財に指定されています。
 
有磯正八幡宮 地図、橙色ポインターの場所が有磯正八幡宮です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に有磯正八幡宮の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:〒933-0842 富山県高岡市横田町3丁目1-1
 

 
金屋町の見所
金屋緑地公園高岡市鋳物資料館8月のクリスマス記念館旧南部鋳造所のキュポラ及び煙突鳳鳴橋金屋町公民館有磯正八幡宮
ページ先頭(金屋町:有磯正八幡宮)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.