いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 高岡の祭り > 高岡御車山祭 > 一番街通の御車山

高欄


 一番街通 山車の高欄は、二重高欄となっています。製作者は、板屋小右衛門です。内高欄は、朱塗りで、地板は金箔塗りの上に大和絵風「能楽の武具」の彩色彫刻を配置しています。外高欄は、黒蝋色塗りで、腰板は金箔塗りとして「波と水鳥」の籠彫形式で彩色が施されています。
 
山車正面の高欄
高欄
 
山車右面の高欄
山車右面の高欄
 
山車左面の高欄
山車左面の高欄
 
山車背面の高欄
山車背面の高欄
 
大和絵風の彫刻
大和絵風の彫刻
 

 
ページ先頭(一番街通の山車:高欄)へもどる。
御車山祭 山車 高欄

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.