いこまいけ高岡 > 氷見 > 祇園祭 > 曳山 > 上伊勢町

上伊勢町の後屏

いこまいけ高岡

上伊勢町の後屏(衣桁)は、琴を弾く神農(薬の神様)と麒麟(左下)および瑞雲です。上部には、金塗りの鳳凰が彫刻されています。
上伊勢町の後屏
 
神農(別名:炎帝)は、古代中国の伝説上の人物です。薬の知識が深く、古来より薬の神として信仰されてきました。長髪・長髯で服は木の葉を纏った姿で描かれます。
神農
 
麒麟:王が仁のある政治を行うときに現れる神聖な生き物(瑞獣)とされています。
麒麟
 

 
ページ先頭(上伊勢町曳山:後屏)へもどる。
上伊勢町の曳山
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.