いこまいけ高岡 > 金沢市 > 近代建築物

旧陸軍金沢偕行社

いこまいけ高岡

 旧陸軍金沢偕行社(石川県庁石引分室)は、1898年(明治31年)の旧第九師団創設とともに旧陸軍の将校クラブとして金沢市大手町に建てられた、木造2階建て、マンサード風の瓦屋根(二つの異なる勾配を持つ屋根)とバロック風(曲線を多用した動的な雰囲気のあるデザイン)の外観をもつ洋館です。華やかな技巧を凝らした明治ロマンを彷彿させる建物になっています。1967年(昭和42年)に現在地に移転されました。平成9年12月12日に国の登録有形文化財(第17-0006号)に指定されました。
 
旧陸軍金沢偕行社
 
旧陸軍金沢偕行社地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に旧陸軍金沢偕行社の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:石川県金沢市石引4丁目18番3号
 
旧陸軍金沢偕行社 写真
正面中央の上げ下げ窓
正面中央の上げ下げ窓
正面中央二階の付け柱の柱頭
正面中央二階の付け柱の柱頭
マンサード風の瓦屋根
マンサード風の瓦屋根
円形窓を付けたゲーブル(破風)
円形窓を付けたゲーブル(破風)
縁の下の通気口
縁の下の通気口
避雷針
避雷針
 

 
ページ先頭へもどる。
金沢の近代建築物
 
金沢のホテルと旅館
金沢市のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.