いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 石川県 > 金沢市 観光名所 > 博物館と美術館

金沢くらしの博物館


 金沢くらしの博物館(かなざわ くらしの はくぶつかん、旧制金沢第二中学校 校舎)は、紫錦台中学校の旧校舎を活用した博物館です。主に金沢市民から寄贈された生活資料、金沢の職人道具、戦後の電化製品などを収蔵展示しています。また金沢の古い写真なども展示されています。
 金沢くらしの博物館の最大の見所は建物自体です。明治時代に建てられた洋風木造学校建築です。尖塔を持つ入り組んだ屋根、中央の車寄せ、上げ下げ窓など明治時代の建築様式をよく残しています。特徴的な尖塔があることから金沢市民から「三尖塔校舎」の名前で現在も親しまれています。建物は、1899年(明治32年)に石川県立金沢第二中学校の校舎として建てられました。1948年(昭和23年)の学制改革により金沢市立紫錦台中学校校舎となり1970年(昭和45年)まで使用されていました。1974年(昭和49年)に金沢市指定文化財となり、1978年(昭和53年)6月に金沢市立民俗文化財展示館として開館しました。その後、1999年(平成11年)11月には石川県有形文化財の指定を受けました。そして、2007年(平成19年)に金沢くらしの博物館と名前を変えて現在に至っています。
 
金沢くらしの博物館
 
金沢くらしの博物館地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に金沢くらしの博物館の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:石川県金沢市飛梅町3-31
 
開館時間:9時半から17時(入館は16時半まで)
休館日:展示替え期間と年末年始
入館料(2008年現在):無料
アクセス:JR金沢駅東口から北陸鉄道バスに乗り「石引町」バス停下車徒歩3分、JR金沢駅東口バス乗り場から「ふらっとバス」に乗り「飛梅町」バス停下車徒歩3分、兼六園から徒歩10分
 
金沢くらしの博物館 写真
木立で判りにくいですが全景
建物の全景
右側の尖塔
右側の尖塔
車寄せ
車寄せ
中央部の屋根
中央部の屋根
階段
階段
事務室側廊下の出納窓
出納窓
 
関連コンテンツ:金沢の近代建築物
 

 
金沢の主要な博物館と美術館
石川県立歴史博物館石川県立伝統産業工芸館金沢21世紀美術館金沢くらしの博物館金沢市足軽資料館金沢市老舗記念館泉鏡花記念館成巽閣中村記念美術館藩老本多蔵品館前田土佐守家資料館室生犀星記念館
ページ先頭(金沢の博物館・美術館:金沢くらしの博物館)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.