いこまいけ高岡 > 金沢市 > 博物館と美術館

石川県立伝統産業工芸館

いこまいけ高岡

 石川県立伝統産業工芸館(いしかわけんりつ でんとうさんぎょう こうげいかん)は、石川県の伝統工芸品を収集・展示する博物館です。石川県には現在でも加賀百万石の贅を凝らした伝統産業が数多く残っています。この工芸館では、経済産業省指定の伝統的工芸品10種を含む36業種(加賀友禅・牛首紬・加賀繍(ぬい)・能登上布・金沢和傘・手捺染型彫刻(てなっせんかたちょうこく)・九谷焼・輪島塗・山中漆器・金沢漆器・珠洲焼(すずやき)・大樋焼(おおひやき)・茶の湯釜・金沢箔・和紙・桐工芸・檜細工・加賀象嵌(ぞうがん)・金沢表具・竹細工・鶴来打刃物・金沢仏壇・七尾仏壇・美川仏壇・七尾和ろうそく・加賀毛針・加賀竿・郷土玩具・琴・三弦・太鼓・銅鑼・加賀獅子頭・加賀提灯・加賀水引細工・能登花火)が紹介されています。工芸館は、兼六園の一角にあり、国指定重要文化財の成巽閣に隣接しています。
 
石川県立伝統産業工芸館
 
石川県立伝統産業工芸館地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に石川県立伝統産業工芸館の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:石川県金沢市兼六町1番1号(兼六園内)
 
開館時間:9時から17時(入館は16時半まで)
休館日:4月から11月は毎月第3木曜日、12月から3月は毎週木曜日と年末年始
入館料(2008年現在):18歳以上250円、65歳以上200円、17歳以下は100円、音声ガイドの無料貸し出しあり
アクセス:JR金沢駅前北鉄バス乗り場から市内バス小立野方面行きに乗車(15分)し、「出羽町(金沢医療センター前)」バス停下車徒歩1分、兼六園へは徒歩1分(隣接)
 

 
ページ先頭へもどる。
金沢の博物館・美術館
 
金沢のホテルと旅館
金沢市のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.