いこまいけ高岡 > 金沢市 > 長町武家屋敷跡

金沢市老舗記念館

いこまいけ高岡

 金沢市老舗記念館(かなざわし しにせ きねんかん)は、藩政時代からの薬種商であった「中屋薬舗」の建物を1987年(昭和62年)金沢市が所有者の中屋家から寄付を受け、文化財的に価値のある外観を保存し、藩政時代の商家の面影を残す「店の間」などを復元し、金沢の伝統的町人文化の展示施設として平成元年4月1日に開館した記念館です。
 中屋家は、1579年(天正7年)に彦兵衛が薬種商を始め、藩政初期から旧南町に店舗を構えた金沢を代表する老舗でした。特に5代藩主綱紀から御殿薬の処方を拝領し、以後代々町年寄り等を務めた格式のある家柄です。移築前の建物は、1878年(明治11年)明治天皇行幸の際に御在所とともに建築され、1919年(大正8年)に改築されました。
 
金沢市老舗記念館
 
金沢市老舗記念館地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に金沢市老舗記念館の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:石川県金沢市長町2丁目2-45
 
関連コンテンツ:金沢の博物館と美術館
 

 
ページ先頭(金沢市老舗記念館)へもどる。
長町武家屋敷跡
 
金沢のホテルと旅館
金沢市のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.