いこまいけ高岡 > 金沢市 > 長町武家屋敷跡

大屋家住宅

いこまいけ高岡

 大屋家住宅(おおやけ じゅうたく)は、藩政時代の直臣平士級の武家屋敷の遺構です。門を構え、敷地周辺に土塀を巡らし、広い庭があります。建物は、内部や建具も含めて当時の状態をよく残しています。正面に高く広い妻面のあるアズマダチの屋根は、元々は板葺き石置き屋根でしたが明治時代に瓦屋根に葺き替えられました。屋根裏には、板葺き石置き屋根だった頃の低い小屋組みが現在も残っています。武家屋敷を構成した主な要素を全て残している貴重な遺構です。平成15年4月21日に金沢市保存建造物(日本建築)に指定され、国の登録有形文化財にもなっています。
 
大屋家住宅
 
大屋家住宅地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に大屋家住宅の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:石川県金沢市長町1-1-37
 

 
ページ先頭(金沢市:大屋家住宅)へもどる。
長町武家屋敷跡
 
金沢のホテルと旅館
金沢市のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.