いこまいけ高岡 > 金沢市 > 長町武家屋敷跡

野村家

いこまいけ高岡

 野村家(のむらけ)は、1583年(天正11年)加賀藩の藩祖前田利家公が金沢城に入城したときに直臣として従った野村伝兵衛信貞家(禄高1200石)、累代に渡り御馬廻組組頭や各奉行職を歴任し、1000坪余りの屋敷を拝した由緒ある家柄です。
 明治維新による武家制度の解体により、野村家の屋敷も他の武家屋敷と同様に庭園や土塀を残し菜園とされたり土地が分割され人手に渡ったりし次第に衰退しました。幾たびか住人を変え、昭和初期に藩政時代に通商で藩の財政を支えた北前船の旧橋立村の商人・久保彦兵衛の手に渡り、藩主を招いた豪邸の一部の「上段の間」「謁見の間」を移築し現在の姿となりました。
 野村家の庭園は、曲水の庭で各種の灯籠が配されています。2003年には、アメリカの庭園専門誌が実施した日本庭園ランキングで3位になりました。ちなみに、1位は島根県の足立美術館、2位は京都の桂離宮です。
 
野村家庭園
野村家
 
野村家地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に野村家の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:石川県金沢市長町
 
野村家 写真
玄関
玄関
錦鯉
錦鯉
 

 
ページ先頭(金沢市:野村家)へもどる。
長町武家屋敷跡
 
金沢のホテルと旅館
金沢市のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.