いこまいけ高岡 > 金沢市 > 近代建築物

旧石川県庁庁舎

いこまいけ高岡

 旧石川県庁庁舎は、1924年(大正13年)に石川県内初の本格的鉄筋コンクリート建築物として建てられた鉄筋コンクリート造り三階(一部四階)スクラッチタイル貼りの建物です。設計は矢橋賢吉(国会議事堂の設計に携わった一人)と笠原敏郎、施工は日本土木他が行いました。石川県庁は、2003年(平成15年)1月6日に金沢城に隣接する広坂から金沢市鞍月1丁目1番地へ移転しました。県庁として使用されたいた当時は「日」の字形の平面構造でしたが現在では道路に面した建物正面の南ブロックだけが残され、後方にあった部分は取り壊されています。2009年6月現在は改修工事中で、2010年(平成22年)春に「石川県記念館 しいのき迎賓館」としてオープンする予定です。
 
旧石川県庁庁舎(写真:2009年6月6日撮影)
旧石川県庁庁舎
 
旧石川県庁庁舎地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に旧石川県庁庁舎の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:石川県金沢市広坂2丁目
 
旧石川県庁庁舎 写真
建物正面
建物正面
建物背面
建物背面
 

 
ページ先頭(金沢市近代建築物:旧石川県庁庁舎)へもどる。
金沢の近代建築物
 
金沢のホテルと旅館
金沢市のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.