いこまいけ高岡 / 京都編
いこまいけ高岡 > 京都観光 > 京都御所 > 一般公開 > 紫宸殿

御帳台


 御帳台(みちょうだい)は、天皇の座である高御座の右側に置かれ、皇后の御座として用いられるものです。現在の御帳台は、高御座と同じく大正天皇即位式の際に造られたものです。高御座に比べ、少し小ぶりで屋形の上には、鸞鳥(らんちょう、中国の想像上の鳥。鶏に似て、羽は赤色に5色をまじえ、鳴き声は五種類あるといわれます)が載っています。
 
紫宸殿 御帳台(写真:2008年11月12日撮影)
御帳台
 

 
京都御所
宜秋門御車寄諸大夫の間新御車寄月華門建礼門承明門建春門春興殿日華門紫宸殿清涼殿御池庭小御所蹴鞠の庭御学問所御常御殿御内庭御涼所御三間清所門
ページ先頭(京都御所:紫宸殿・御帳台)へもどる。
Copyright © 2006-2020 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.