いこまいけ高岡 / 京都の近代建築編
いこまいけ高岡 > 京都市 > 近代建築物 > 下京区の近代建築

梅小路機関車庫


 梅小路機関車庫は、JR京都駅から約1.5キロメートル西方に位置しています。京都停車場改良工事の一環として鉄道院西部鉄道管理局の設計により1914年(大正3年)11月に竣工しました。鉄筋コンクリート造で、前面にある転車台を中心としてほぼ東西に扇形平面を描いています。機関車の修理を行う器械場、その東に連続する機関車駐留場、器械場背面に張り出す職場から構成され、全体で20線の引込線を収容する構造となっています。梅小路機関車庫は、日本に現存する最古の鉄筋コンクリート造機関車庫として高い価値があります。また、大規模な架構や合理的な平面計画により、機関車修理などの効率的作業を可能とし、全国的な鉄道輸送力増強を支える一翼を担った、大正・昭和期を代表する機関車庫としても重要な位置付けにあります。2004年(平成16年)12月に国の重要文化財に指定されました。
 
梅小路機関車庫 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に梅小路機関車庫の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
梅小路機関車庫 住所:京都府京都市下京区 観喜寺町3番地
 

 
京都市 近代建築物
京都国立博物館三条通四条通七条通岡崎公園京都大学同志社大学龍谷大学大谷大学下京区中京区上京区左京区右京区東山区北区山科区南区伏見区
ページ先頭(下京区の近代建築物:梅小路機関車庫)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.