いこまいけ高岡 > 奈良県 > 飛鳥 > 飛鳥寺

飛鳥寺 本堂

いこまいけ高岡

 本堂は、江戸末期の1825年(文政8年)に再建された建物で、飛鳥時代に法興寺(現在の飛鳥寺)が創建された時の中金堂があった場所に建っています。堂内には、本尊の銅造釈迦如来坐像(飛鳥大仏、国の重要文化文化財)が安置されています。
 
飛鳥寺 本堂(写真:2009年10月25日撮影)
飛鳥寺 本堂
 
本堂正面に置かれた創建時の金堂礎石
金堂礎石
 
飛鳥寺 本堂(Map of Hondo(Main Hall), Asuka-dera Temple)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に飛鳥寺の本堂の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
  1. 東門
  2. 本堂
  3. 思惟殿
  1. 鐘楼
  2. 塔心礎位置
  3. 万葉歌碑
  1. 蘇我入鹿首塚
  2. 飛鳥寺駐車場
  3. 飛鳥大仏前バス停
 

 
ページ先頭(飛鳥寺:本堂)へもどる。
飛鳥寺の伽藍
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.