いこまいけ高岡 > 奈良県 > 飛鳥 > 飛鳥寺

真神原の眺め

いこまいけ高岡

 飛鳥寺の南側は真神原(まがみのはら)と呼ばれています。平野の中に緑の小高い丘が点在する風景は、古代朝鮮半島で覇を競った新羅の古都・慶州や百済の古都・扶余(プヨ)の景色に似ているとされ、遠く日本までやって来た多くの渡来人が故郷を偲んだと伝えられています。実際に慶州へ行って見ると古墳が点在している風景や南山の景色が飛鳥地方に似ているような気にもなります。
 
飛鳥寺 真神原の眺め(写真:2009年10月25日撮影)
飛鳥寺から見た真神原
 

 
ページ先頭(飛鳥寺:真神原の眺め)へもどる。
飛鳥寺の伽藍
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.