いこまいけ高岡 > 奈良県 > 飛鳥 > 飛鳥寺

飛鳥寺 西門跡

いこまいけ高岡

 西門跡は、礎石を置いて柱を建てた瓦葺の門だったようです。間口が三間 11.5メートル、奥行き 二間 5.5メートルです。門の西には堀があり、土管をつないだ上水道が埋まっていました。寺の四方に開いた門の中では最も規模の大きな門だったことが判っています。
 西の門が最大だった理由としては、飛鳥寺(法興寺)の西に飛鳥時代の中央広場とも言える「槻の木の広場」があったためだと考えられています。大化の改新を行った中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)と藤原鎌足(ふじわらのかまたり)がこの広場で行われた蹴鞠の会で出会ったとされています。
 
飛鳥寺 西門跡(写真:2009年10月25日撮影)
飛鳥寺 西門跡
 
飛鳥寺 西門跡(Map of Higashimon(East Gate), Asuka-dera Temple)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に飛鳥寺の西門跡の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
  1. 西門跡
  2. 本堂
  3. 思惟殿
  1. 鐘楼
  2. 塔心礎位置
  3. 万葉歌碑
  1. 蘇我入鹿首塚
  2. 飛鳥寺駐車場
  3. 飛鳥大仏前バス停
 

 
ページ先頭(飛鳥寺:西門跡)へもどる。
飛鳥寺の伽藍
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.