いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市内 > 春日大社

春日大社 着到殿

いこまいけ高岡

 着到殿(ちゃくとうでん)は、3月の春日祭の際に御本殿での勅使参向之儀に先立って「着到之儀」が行われる建物(桁行7間・梁間3間)で、天皇行幸の際には行在所(あんざいしょ)としても使用されました。内部に床はなく、砂敷きになっています。参道側(南側)が正面ですが、東側を入母屋の葺き下ろしとし、出入りに使われています。平安時代の916年(延喜16年)の創建で、国の重要文化財に指定されています。
 
春日大社 着到殿(写真:2009年10月24日撮影)
春日大社 着到殿
着到殿の内部
着到殿の内部
東面
東面
 
春日大社 着到殿 地図(Map of Cyakutoden, Kasuga-taisha Shrine)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に春日大社にある着到殿の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
  1. 着到殿
  2. 藤鳥居
  3. 二の鳥居
  1. 竃殿
  2. 酒殿
  3. 清浄門
  1. 慶賀門
  2. 榎本神社
  3. 南門
 

 
ページ先頭(春日大社:着到殿)へもどる。
春日大社
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.