いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市内 > 新薬師寺

新薬師寺 本堂

いこまいけ高岡

 国宝となっている新薬師寺の本堂(ほんどう)は、約1260年前に新薬師寺創建当初から残る唯一の伽藍です。創建時は食堂(じきどう)であったと考えられています。二重基壇に建つ、入母屋造・本瓦葺きのやや平たい外観のお堂です。
 平面規模は桁行7間、梁間5間です。正面は柱間7間のうち中央3間を戸口とし、その左右各2間には窓の無い白壁を大きく見せた意匠です。側面、背面も中央間に戸口を設けるのみで窓は設けていません。内部は土間で、天井を張らず、垂木などの構造材をそのまま見せる「化粧屋根裏」となっています。堂内中央には円形漆喰塗りの仏壇を築き、中央に本尊 薬師如来像(国宝)を安置、これを囲んで十二神将像(国宝)が外向きに立っています。この本堂は、創建当初の金堂ではなく、他の建物を転用(食堂?)したものですが、遺構の少ない奈良時代の建造物として貴重で、国宝となっています。本堂前にある室町時代の石灯籠も見所で国の重要美術品に指定されています。
 参拝時の入口は本堂西面(向かって左手)の戸口です。東面の戸口は、2009年10月に訪れた時は扉が外されステンドグラスになっていました・・・。薬師如来の浄土である東方の瑠璃光世界の「瑠璃光」を表現しているらしいです。国宝の建物を壊しているわけではないので問題ないのでしょうが、斬新ではありますが、個人的にはイメージぶち壊しで嫌でした。
 
新薬師寺 本堂(写真:2009年10月24日撮影)
新薬師寺 本堂
 
本堂に安置されている仏像 新薬師寺 本堂の写真
本堂正面 中央戸口
本堂正面 中央戸口

本堂東面のステンドグラス
本堂東面のステンドグラス
軒先
軒先
軒瓦
軒瓦「新薬師寺」の文字
新薬師寺 本堂 地図(Map of Hondo(Main hall), Shin-Yakushi-ji Temple)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に新薬師寺にある本堂の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
  1. 本堂
  2. 南門
  3. 東門
  4. 鐘楼
  5. 地蔵堂
  6. 五層石塔
  7. 石仏群
  8. 稲荷社
  9. 香薬師堂
  10. 庫裏
  11. 比売神社
  12. 鏡神社
 

 
ページ先頭(新薬師寺:本堂)へもどる。
新薬師寺
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.