いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市内 > 新薬師寺

新薬師寺 鐘楼

いこまいけ高岡

 鐘楼(しょうろう)は、袴腰が漆喰塗りとなっている珍しいものです。鎌倉時代中期に建立された鐘楼で、弘安2年(1279年)と記された棟札が残っています。国の重要文化財に指定されています。
 鐘楼にある梵鐘は、奈良時代の作で、もとは元興寺にあった梵鐘と伝えられています。鎌倉時代に元興寺の釣鐘堂が焼失した時に新薬師寺へ移されたといわれています。この梵鐘は、「日本霊異記」にある「道場法師の鬼退治」に登場する知る人ぞ知る有名な鐘です。
 
新薬師寺 鐘楼 地図(Map of Shoro(Belfry), Shin-Yakushi-ji Temple)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に新薬師寺にある鐘楼の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
  1. 本堂
  2. 南門
  3. 東門
  4. 鐘楼
  5. 地蔵堂
  6. 五層石塔
  7. 石仏群
  8. 稲荷社
  9. 香薬師堂
  10. 庫裏
  11. 比売神社
  12. 鏡神社
 

 
ページ先頭(新薬師寺:鐘楼)へもどる。
新薬師寺
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.