いこまいけ高岡 / 高山
いこまいけ高岡 > 高山市 > 春の高山祭

闘鶏楽


 闘鶏楽(とうけいらく)は、打ち鳴らす鉦(金属製の打楽器の一種で皿のような形状、読み方は「かね」まはた「ショウ」)の音から「カンカコカン」の俗称で親しまれています。白地に色鮮やかな鳳凰の意匠が施された衣装で鉦と締太鼓(紐で皮と胴を接着させ、張っった太鼓。締め付け具合によって音質の調節が可能)を打ちながら祭行列で巡行します。御巡幸の前に、お旅所前での披露も行われます。長時間見ている(聞いている)と、「カンカン」鳴り響く金属音で頭が痛くなるのが欠点ですね。
 
お旅所前での闘鶏楽(写真:2008年4月15日)
春の高山祭 闘鶏楽
鉦を打ち鳴らす様子
鉦
締太鼓
締太鼓
 

 
春の高山祭
からくり人形奉納屋台一覧屋台の構造説明御巡幸獅子舞闘鶏楽お旅所日枝神社
ページ先頭(春の高山祭:闘鶏楽)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.