いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > ハイキングと登山 > 西銀座縦走ダイヤモンドコース

北ノ俣岳 登山


 北ノ俣岳(きたのまただけ、別名:上ノ岳(かみのだけ、富山県側の古称))は、北アルプス(飛騨山脈)の西銀座縦走ダイヤモンドコースに位置する標高 2,662メートルの山で、新・花の百名山に選定されています。山頂には、三等三角点「北俣岳(標高 2,661.3メートル)」があります。富山県と岐阜県の県境(富山県富山市および岐阜県飛騨市の境界線上)に位置しています。どっしりした山体で、北へ延びる尾根は太郎平小屋(標高 2,330メートル)のある太郎兵衛平を経て立山連峰の薬師岳(標高 2,926.0メートル)へと続き、東へ延びる尾根は赤木岳、そして黒部五郎岳(標高 2,839.7メートル)へと続く稜線となっています。
 太郎平小屋から北ノ俣岳までは登り 1時間55分、北ノ俣岳から黒部五郎岳まではアップダウンの稜線 2時間50分です。逆コースの黒部五郎岳から北ノ俣岳まではアップダウンの稜線 2時間50分、北ノ俣岳から太郎平小屋まで 1時間25分です。
 
北ノ俣岳(写真:2019年7月31日13時38分撮影)、赤木岳の北 標高 2580m地点から見た北ノ俣岳
北ノ俣岳
 
北ノ俣岳地図:太郎平小屋~北ノ俣岳~黒部五郎岳・黒部五郎小舎における北ノ俣岳の位置
北ノ俣岳 地図
 
北ノ俣岳と周辺の山々と山小屋
 1. 北ノ俣岳:標高 2,661.3m、三等三角点「北俣岳」
 2. 赤木岳:標高 2,622m
 3. 中俣乗越:標高 2,457m
 4. 神岡新道 分岐:標高 2,623m、北ノ俣岳/寺地山/太郎平小屋への分岐
 5. 北ノ俣避難小屋:神岡新道にある10人程度の避難小屋
 
北ノ俣岳 地図(Google Map)
 
北ノ俣岳 山頂(写真:2019年7月31日14時06分撮影)、山頂部は南北に細長く(標高 2,650m~2,662m、長さ 300m X 幅 60mの台地状の地形)、最も高いピーク(標高 2,662m)が北側にあります。
北ノ俣岳 山頂
 
山頂台地(写真:2019年7月31日14時07分撮影)
山頂台地
 
三等三角点「北俣岳」の柱石(写真:2019年7月31日14時08分撮影)
三等三角点「北俣岳」の柱石
 
北ノ俣岳の指導標(写真:2019年7月31日14時07分撮影)、太郎平小屋/神岡新道 ← 北ノ俣岳(上ノ岳) → 黒部五郎岳
北ノ俣岳の指導標
 
高山蝶等捕獲禁止の説明板(写真:2019年7月31日14時07分撮影)、「タカネヒカゲ(高嶺日陰)」などの高山蝶がいるらしいです。
高山蝶等捕獲禁止の説明板
 
太郎平から眺めた北ノ俣岳(写真:2020年8月3日15時58分撮影)
太郎平から眺めた北ノ俣岳
 
薬師平から薬師岳山荘への登山道から眺めた北ノ俣岳(写真:2014年9月3日 8時01分撮影)
薬師平から薬師岳山荘への登山道から眺めた北ノ俣岳
 

 
西銀座縦走ダイヤモンドコース
折立登山口薬師岳太郎山北ノ俣岳赤木岳黒部五郎岳三俣蓮華岳双六岳槍ヶ岳
ページ先頭(北アルプス:北ノ俣岳)へもどる。
Copyright © 2006-2020 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.